タグ:ブログブランディングの記事一覧

タグ:ブログブランディング
稼げるブログの書き方講座(実践編Ⅱ)

新井です^_^

 

 

実践編Ⅰで、

自分に合ったブログサービスを選択したら

具体的にブログを形付ける作業に入ります。

 

 

基本編でお伝えしたとおり、

ブログ運営は、ブランディング次第です。

 

→ 専門家として選ばれるブランディングとは

→ 運営者としてのブランディングを明確にする

 

 

ブランディングの一環として、

ブログ開設時に、まずやっていただきたいのが、

 

・ID

・ニックネーム(ハンドルネーム)

・プロフィール写真

 

これらを決める作業です。

 

 

ブログ添削していると、

ある程度、経験がある方ですら

ここを意識せずに決められているケースが多いように感じています。

 

 

そこで、この実践編Ⅱでは、

「なぜ意識して決める必要があるのか?」

を解説しながらお伝えしていきます。

 

 

それでは、今回も最後までお付き合いくださいね。

 

ニックネーム、写真、IDもブランディングになる理由

 

「ソーシャルメディア乱立の時代」と言われる現代では、

 

・Twitter

・ Facebook

・Instagram

 

と、次々に新しいソーシャルメディアがリリースされ、

ごく一般的なコミュニケーションツールとして活用されています。

 

 

今では、一人でいくつも活用することは、

そんなに珍しいことではありません。

 

 

私もビジネス・プライベートと、

ソーシャルメディアは欠かせないツールとして活用しています。

 

 

そして、

ブログ運営者をはじめ大手企業においても、

ソーシャルメディアは欠かせないツールの一つと言えるでしょう。

 

 

ソーシャルメディアに登録する場合は、

・ID

・ニックネーム

・プロフィール写真

これら3つが求められます。

 

 

IDは、ログイン時に使われるだけでなく、

URLとしても使われますし、

 

ニックネームやプロフィール写真は、

投稿する際にセットで表示されることも多いです。

 

 

そのため、

アイコンとして認知されることもあり、

ニックネームやプロフィール写真を統一しておくことで、

 

ソーシャルメディアをまたいで、

他のユーザーに探される場合、

「見つけてもらいやすくなる」という効果もあります。

 

 

ユーザーはあなたのことを

ID・ニックネーム・プロフィール写真で認識するということですね。

 

 

これらをすべてのソーシャルメディアで統一すれば、

これらが印象に残りブランディングになるわけです。

 

 

ここは割と軽視してしまう部分ですが、

ブログ開設時には、

ソーシャルメディアも意識して決めるようにしてみてください。

 

 

では、具体的な決め方をご紹介しましょう。

 

 

 

キーワードを意識したIDの決め方

 

IDは、半角英数字を使うのが基本で、

Twitterなら15文字以内などの制限があります。

 

 

前述したとおり、

IDはURLとしても使われるため、

短くて覚えやすいものにするようにしてみてください。

 

 

SEO対策を意識するのであれば、

・ブログ運営者としての職種や肩書き

・検索されたいキーワード

などを盛り込むのもお勧めです。

 

 

なぜなら、

URLにキーワードが含まれる場合、

そのキーワードで検索されたときに上位表示されやすくなるからです。

 

 

では、IDにキーワードを盛り込む場合の例をご紹介します。

 

 

まず、自分が検索されたいキーワードを英訳してください。

 

 

英訳する際は、無料で使える「Google翻訳」が役立ちます。

 

→ Google翻訳

 

 

例えば、

「ウェブサポート」なら「Web support」と翻訳されます。

 

 

この「Web support」を実際に検索してみると、

 

検索エンジンは、

「Web support」を「ウェブサポート」として認識していることが分かります。

 

 

次に、キーワードをローマ字にして検索してみてください。

 

「ウェブサポート」→「Web sapouto」

 

 

すると、

 

「もしかして:web サポート」と表示されます。

 

 

つまり、検索エンジンは、

「Web sapouto」と入力しても

「webサポート」として認識してくれているわけですね。

 

 

いずれも、検索結果は異なりますが、

ここで重要なのは検索結果ではなく、

「文字がどう認識されるか?」ということです。

 

 

SEOを意識したIDにする際は、

こうようにして、色々な文字を検索しながら考えるようにしてみてください。

 

 

 

ニックネームの決め方

 

ニックネームは、

言葉の響きから割と軽く考えてしまいがちです。

 

 

基本編Ⅲでお伝えしたとおり、

専門家としてブログを運営するわけですから、

 

ユーザーに信頼されるような、

分かりやすいものにしてください。

 

 

基本は、職種・肩書きと名前の組み合わせです。

 

 

職種・肩書きは誰が見ても分かる単語を使い、

「〇〇+△△」という組み合わせで考えます。

 

 

〇〇にはジャンルを、

△△には専門家を表す単語を使います。

 

 

そして名前は、できるだけ本名が理想です。

 

 

ですが、

必ずしも名前を本名にしなければならないわけではありません。

 

 

例えば、この業界で有名な、

・「だいぽん」さん

・「バナナデスク」さん

を見ても、表面上はニックネームで運営されている方も多いです。

 

 

ニックネームだけで運営するのであれば、

訪問者から見て「覚えやすくて、親しみやすい名前」にすることがポイントです。

 

 

読めないような漢字を使ったり、

長くて理解に苦しむような名前にはしないように注意してくださいね。

 

 

では、職種・肩書き・名前が決まったら、組み合わせを考えましょう。

 

 

組み合わせは、必ず職種・肩書きを前に出すようにします。

 

 

例えば、

「webサポーター」を職種にするなら、

「webサポーター@新井」になり、「新井@webサポーター」にはしないということです。

 

 

これは、ブログタイトルなどを決める際にも共通することで、

検索エンジンは「左にある単語を重要視する仕組みになっている」からです。

 

 

ですから、職種・肩書きを左に配置して組み合わせるようにしてください。

 

 

 

プロフィール写真の決め方

 

プロフィール写真は、IDやニックネームよりも訪問者の印象に残りやすいものです。

 

 

ですので、

安心感や信頼を得やすくするためにも、

できるだけしっかりと顔が映ったものを使うようにしましょう。

 

 

とは言え、私のように「正面からの顔写真を出したくない」という方もいると思います。

 

 

この場合、アバターを使う方が多いのですが、お勧めは「似顔絵」です。

 

 

今の時代アプリを使えば、

無料でしかも簡単に似顔絵を作ることができますので、色々なアプリを試すことをお勧めします。

 

 

プロフィール写真は、

アイコンとしてユーザーの印象に残りますので、あまり変な写真はお勧めしません。

 

 

そして、ID・ニックネーム同様に

一度設定した後で修正するようなものではないので、考えながら決めるようにしてみてくださいね。

 

 

では、ID・ニックネーム・プロフィール写真が決まったら、ブログとすべてのソーシャルメディアで統一するようにします。

 

 

たったこれだけを意識して決めることで、

ブランディングが出来上がったことになりますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

それでは、実践編Ⅲへお進みください。

 

 

今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

 

 

以上、新井でした^_^

 

 

【お知らせ】

たくさんの方々のご意見をもとに、

新井の「メルマガ」が生まれ変わりました。

 

無料特典をプレゼント中ですので、

ぜひ、無料登録してみてください。

 

稼げるブログの書き方講座(基本編Ⅲ)

新井です^_^

 

 

この基本編Ⅲでは、

・ブログで重要な「記事力」

・運営者としてのブランディング

についてお伝えしていきます。

 

 

これまでの記事も合わせてご覧ください。

 

基本編Ⅰはこちら

基本編Ⅱはこちら

 

 

ブログで重要な記事力とは

 

 

基本編Ⅱのところで、

 

「良い記事が書ける文章力が備われば、

検索エンジンからの評価も高くなる」

 

ということをご説明しました。

 

 

日本では2015年頃から流行りだした、

「コンテンツマーケティング」という、

 

価値あるコンテンツを提供し続けることで、

購買行動を起こさせるための文章力が問われる時代になってきています。

 

 

ですから、

まずは、購買行動を起こさせる文章を書くように意識してみましょう。

 

 

しかし、文章力が問われると言っても、

アフィリエイトを目的に文章を書く場合、

重要なのは文章力ではなく、「記事力」です。

 

 

正しい日本語で文章構成を考えるより、

 

・読者に何を伝えたいのか?

・読者にどう感じてほしいのか?

・そしてどんな行動をしてほしいのか?

 

これらが、より重要になります。

 

 

そのためには、

・「誰に」

・「何を」

・「どういう順序で」

伝えれば理解されて、

行動を起こしてくれるのかを考えるようにしてください。

 

 

例えば、友達に何かを勧める場合、

「これ買ってよ」と、いきなり勧めたりはしませんよね?

 

 

何をどういう順序で伝えれば理解してくれて、

購入という行動を起こしてくれるのかを考えるはずです。

 

 

このようなことをイメージして、

誰に、何を、どういう順序で伝えるのかを考える癖を身に付けましょう。

 

 

ブログは論文ではありませんし、

記事を文章で埋め尽くすことが目的ではないのです。

 

 

また、自分の意見ばかりを書いた記事は、まず読まれません。

 

 

画面の向こう側には、読者がいます。

 

 

その読者に向けて、

あなたが望む方向へ導く文章にする必要があるのです。

 

 

つまり、

「誰に、何を、どういう順序で」伝え、

「どこへ導くのか」を意識して書く必要があるということです。

 

 

そうすることで、飛躍的に記事力が身に付いてきます。

 

 

文章力は、

記事力があってはじめて効果が出るものだと覚えておいてくださいね。

 

 

 

運営者としてのブランディングを明確にする

 

 

基本編Ⅱで少しふれたとおり、

ブログ運営は、ブランディング次第ということをご説明しました。

 

 

ブログを使ってビジネスを展開するなら、

お客様となるユーザーを集めなければなりません。

 

 

しかし、ただ集客したところで、

売り込みばかりの記事では、

当然、ユーザーはお客様にはなってくれません。

 

 

お客様になってもらうためには、

信頼を得た上で「この人にお願いしたい」と思われる必要があります。

 

 

そのためには、自分が選んだジャンルで

専門家としてブランディングする必要があるのです。

 

 

専門家として情報を発信することで、

その記事を読んだユーザーが、

納得してはじめて信頼が生まれます。

 

 

そして、お客様になっていくのです。

 

 

お客様になってもらうためにも、

ブログは集客ツールとは考えず、

「自分の情報を発信するメディア」と考えるようにしてください。

 

 

では、何の専門家としてブランディングすれば良いのでしょうか?

 

 

ブログ運営での失敗例としては、

抽象的なジャンルでブランディングしている場合が多いです。

 

 

日頃、ブログ添削していても、

抽象的なブランディングをしている方が多い実態があります。

 

 

ユーザーから信頼を得ようとしても、

専門家としてのブランディングが明確でないために、起きている問題だと感じています。

 

 

ですから、

もう少し具体的に考える必要があるのです。

 

 

ここで、参考にしていただきたいのが、

こちらの記事でご説明した、ブログの到達点です。

 

→ ブログを読んだ人の「到達点」を決める

 

 

「このブログを読めば、こうなれる」

とイメージできる到達点を決めることについてご説明しています。

 

 

この「こうなれる」という部分での

専門家としてブランディングすれば良いのです。

 

 

何かのジャンルの専門家ではなく、

そのジャンルで

「こうなれるための専門家」になれれば、

ユーザーの求心力が高まります。

 

 

そして、

専門家としての肩書きを考えた上で

プロフィールを作成し、

専門家として記事を投稿していくことで、

運営者としてのブランディングが明確になるのです。

 

 

競合との差別化から自分の強みを見つけ出す

 

 

専門家としてのブランディングが明確になったら、

同じ専門家として活動している人の中から、

選ばれる存在にならなくてはなりません。

 

 

ここで大事なのは、

競合する相手と比べて、何が違うのかを明確にし、

自分の優位性をしっかりとアピールすることです。

 

 

自分の優位性を確かめる場合、

まずは競合を調べることからはじめてください。

 

 

・どんな肩書き(プロフィール)なのか?

・どんな情報を発信しているのか?

 

この点に目を通すようにしてみましょう。

 

 

この際、

イラッとする、ムカつく部分というのは、

あなたが相手より勝っている部分です。

 

 

逆に、

「なるほど」と関心してしまう部分は、

負けている部分であることが多いはずです。

 

 

このようにして比較することで、

競合との違いを明確にすることができます。

 

 

この際の注意点は、

負けている部分を補おうとするのではなく、

自分の優位性を見つけ出すことです。

 

 

「とても勝ち目がない・・・」と、

すぐに諦めてしまう方も多いのですが、

それは、補おうとするから

余計に感じてしまうだけのことだと認識してください。

 

 

そうではなく、

勝っている部分はあるはずですから、

それを強みとして打ち出して、差別化すれば良いのです。

 

 

そして、その部分に共感できるお客様を集めていくようにしましょう。

 

 

これらができて、

やっと何の専門家として、情報を発信していくのかを決めることができます。

 

 

では次に、運営者としての軸を決めていきましょう。

 

 

運営者としての軸を決める

 

運営者としての軸を決めるとは?

 

専門家としての、

・スタンス

・ポリシー

・キャラクター

を決めるということです。

 

 

スタンスは、「専門家としての立ち位置」

つまり、あなたの価値観を意味します。

 

 

なぜ、スタンスを決める必要があるのか?

 

 

それは、

あなたの価値観に共感していない人を集客すると、

後から思わぬトラブルになることが多いからです。

 

 

どんなにスタンスを決めても、

好ましくない人は一定数、集まってしまうものです。

 

 

ですが、トラブルを回避する意味でも、

最初にスタンスは決めて置くようにしてください。

 

 

次にポリシーを決めましょう。

 

 

ポリシーとは、「信念」のことで、

自分がどんな思いで取り組んでいるのかを意味します。

 

 

お客様のニーズは、

効果とプロセスで構成されています。

 

 

効果が魅力的であっても、

プロセスである取り組みに納得してもらえないこともあります。

 

 

ですから、

先に自分のポリシーを決めておく必要があるのです。

 

 

最後にキャラクターを決めます。

 

 

キャラクターは、「接客のスタイル」で、

記事を書く際に話す口調など、

お客様との接点の見せ方を意味します。

 

 

親切で丁寧なキャラなのか?

もしくは、フレンドリーなキャラなのか?など、

 

お客様にとって、

信頼を寄せるキャラクターとは?

説得力が増すキャラクターとは?

 

というような観点で考えながら決めるようにしてみてください。

 

 

この際の注意点としては、

ありのままの自分と、

余りにもかけ離れたキャラクターにはしないことです。

 

 

なぜなら、

そのキャラクターを演じること自体に無理が生じると、長続きはしないからです。

 

 

本当の自分プラスαくらいで設定することをお勧めします。

 

 

ただ実際には、

顔出しする必要もないのが、ブログの特徴でもあります。

 

 

演じることに苦痛を感じない方は、

演じ切ると決めて、設定するのも良いでしょう。

 

 

このように、

スタンス、ポリシー、キャラクターを決めたら、

これらがブログを運営する上での軸となります。

 

 

一度決めた軸は、途中で変えたりしてはいけません。

 

 

一貫性を保ち、継続することが大事です。

 

 

そうすることで、

お客様からの求心力が、さらに高まります。

 

 

そして、この軸に共感した

自分が望むお客様だけを集客することが可能になります。

 

 

運営者としての軸を決めるということは、

お客様に選ばれるためだけのものではなく、

お客様をふるいにかける役割もしてくれるということです。

 

 

もし、継続する自信がない場合は、

無理してまで演じるべきではありません。

 

 

無理して続けるよりも、

途中で挫折するリスクを考えるようにしてください。

 

 

一度設定した軸がぶれるということは、

信頼してくれたお客様を裏切ることになります。

 

 

裏切ったときの反動は大きいですし、

これまでの努力を無駄にすることにもなります。

 

 

ブログは、

たとえ顔が見えなくても、

文章を通じて「人となり」が見えてくるものです。

 

 

しっかりとした軸を決めたら、

決してぶれないように一貫性を保つようにしましょう。

 

 

ここまでが、基本編になります。

 

 

これから実践編に移りますが、

ブログを運営する上での基本や、

大事な部分を中心にお伝えしてきました。

 

 

これからブログを始める方にとっては、

理解に苦しむことも、あったかと思われます。

 

 

もし、この基本編が理解できない際は、

お気軽にお問合せフォームからご連絡くださいね。

 

新井への問合せはこちら

 

 

それでは、実践編Ⅰにお進みください。

 

 

今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

 

 

以上、新井でした^_^

 

 

 

【お知らせ】

たくさんの方々のご意見をもとに、

新井の「メルマガ」が生まれ変わりました。

 

無料特典をプレゼント中ですので、

ぜひ、無料登録してみてください。