新井です^_^

 

 

「ノウハウコレクターになってしまいました。
こんな私では、稼ぐことは無理ないのでしょうか?」

 

 

こんなご相談をいただきました。

 

 

業界の一般論で言えば、
「ノウハウコレクターでは稼げない」
というのが、一つの答えになるのかも知れませんが、

 

私は、そうは思っていません。

 

 

むしろ、
「ノウハウコレクターだからこそ稼げる」
と、思っています。

 

 

これには、私なりの持論があるわけですが、

 

今回は、この理由を解説しながら、

「ノウハウコレクター」をテーマにお伝えしていきたいと思います。

 

 

それでは、最後までお付き合いくださいね。

 

 

 

「ノウハウコレクターでは稼げない」って本当の話?

 

 

 

まず、「ノウハウコレクター」という言葉ですが、

 

これは、ネットビジネスの業界用語で、

情報商材などをたくさん購入しても、

思うような収益が上がっていない状況の人たちのことを指しています。

 

 

この言葉には、

特に定義があるわけでは、ありません。

 

 

ネット検索すれば、

「脱ノウハウコレクター」とか、

「ノウハウコレクターでは稼げない」

といった、情報が多い理由で、

 

「稼げていない」=「ノウハウコレクター」

というような認識になっているだけのことだと思っています。

 

 

今回、ご相談いただいた方を例にしても、

過去に4つの情報商材を購入したけれど、

「全然、稼げていない」という理由から、

 

「自分はノウハウコレクターだ」

という、認識になってしまったようですね・・・。

 

 

それだけ、「情報に影響されやすい時代だ」

ということが言えるわけですが、

 

私は、「ノウハウコレクターだから稼げない」

なんて話はないと思っています。

 

 

逆に、

「ノウハウコレクターの方が稼げるようになる」と思っています。

 

 

なぜなら、

ある意味、私自身が「ノウハウコレクター」だからです。

 

 

ただ、「明らかに使えないノウハウ」のコレクターという意味ではありません。

 

 

日頃、ご紹介している商材は、

当然ながら、自分で購入して中身を確認した上でご紹介しています。

 

 

また、その情報をもとに、

実際に検証した上でご紹介することも多いです。

 

 

中には、使えるノウハウであっても、

サイトでは、ご紹介していない商材もたくさんあります。

 

 

なので、

私自身が「ノウハウコレクター」というわけです。

 

 

これは、少し考えれば分かるとおり、

「ノウハウ」=「知識」ですから、

多くの知識を取り入れた方が、明らかに稼げる幅が広がります。

 

 

例えば、

ブログアフィリエイトの知識しかない方と、

ブログとYouTubeの知識がある方を比べて見ましょう。

 

 

ブログのノウハウしかない方は、

YouTube動画をブログに載せる際は、

他人の動画を引用することしかできません。

 

 

これに対し、両方の知識がある方は、

自分のYouTube動画をブログに載せることもできれば、

YouTube動画からブログに誘導することもできるわけです。

 

 

結果は明らかですが、

この違いだけでも、稼げる幅が違ってきます。

 

 

これは一つの例ですが、

「ノウハウをたくさん持っている」=「稼げる」

というのが、私なりの持論になります。

 

 

つまり、

「ノウハウコレクターでは稼げない」という認識は、

「情報に踊らされているだけに過ぎない」ということが言えるのです。

 

 

「ノウハウコレクター」

この言葉にとらわれてしまうと、

意識がどんどんマイナスの方へ向いてしまいます。

 

 

その結果、ご相談者さんのように、

自分で自分を責めてしまい、悩んでしまうのです。

 

 

では、こんなとき、どう対処すればよいのでしょうか?

 

 

 

悩んだときこそ、「情報を確かめる」

 

 

「どうしたら良いのか?分からない」と悩んだときは、

 

・情報そのものを確かめる

 

最低限、この点を確認することが重要です。

 

 

なぜ?確認する必要があるのかというと、

一言に情報商材と言っても、様々な物があるからです。

 

 

初心者を馬鹿にしたような詐欺まがいな物もあれば、

「無料で手に入る情報をまとめただけ」なんて物もあります。

 

 

一方で、

多くの人が結果を出し続けている、

優良な物も、たくさんあります。

 

 

このように、

自分では判断がつかない情報商材が、

たくさん存在しているからこそ、

「確認する必要がある」ということです。

 

 

例えば、手にした情報が、

結果が出るわけがない情報だとしたら、

どんなに努力しても、結果が出るはずがありませんよね?

 

 

この場合、

情報そのものが良くないので、

自分に原因があるのではなく、情報自体に原因があるわけです。

 

 

まず、この部分でつまづいていると、

全てが無駄な努力になってしまい、

 

その結果、原因が分からず、

「自分はノウハウコレクターなのか?」

という認識になってしまうわけです。

 

 

実は、ご相談いただいた方は、

結果が出るはずのない情報で稼ごうとしていたことが原因でした。

 

 

情報商材の購入動機は、

「稼げるようになると思ったから」

という、自分なりの基準があって、

 

言い換えれば、

情報商材への価値観で購入していたわけです。

 

 

この価値観というものは、

人それぞれなので、あくまでも自分が基準です。

 

 

特に初心者の方であれば、

情報を見分けて購入しているわけではなく、

価値観で購入しているケースが多いと言えるでしょう。

 

 

例えば、車を購入する場合を例にすれば、

 

家族全員で出かけたい人なら、

7人、8人乗りのワンボックスを選び、

 

彼女と2人で出かけたい人なら、

ツーシーターのスポーツカーを選ぶなど、

 

車を手にすることで得られる、

未来像、いわば価値観で購入しているはずです。

 

 

そして、

「価格が高いものほど優れている」

というのが、世間一般的な認識だと思います。

 

 

これを情報商材に例えた場合でも、同じ認識になるわけです。

 

 

「こんなに高額なのだから良いものだろう」

「月収100万円稼いで、夢のような人生を送りたい」などなど、

 

商材を手にすることで得られる、

未来像(価値観)が購入の動機になっています。

 

 

ですが、この業界では、

「高額」=「良いもの」ではないのが実態で、

 

むしろ、

「高額」=「危険性が高い」と言っても過言ではないほどです。

 

 

誰だって、

「自分の価値観は間違っていない」

「価値観を否定されたくもない」

 

と思うのが普通ですから、

「あえて情報を確かめる」なんてことはしません。

 

 

結果が出ない現実に、

気づいてはじめて疑問を抱くようになるわけです。

 

 

ですから、

自分の基準、価値観で購入した商材ほど、

「情報そのものを確かめる必要がある」ということですね。

 

 

では、「どのような確かめ方が良いのか?」

という疑問があると思いますので、ご説明したいと思います。

 

 

 

相談することで情報を見分ける

 

 

情報そのものを確かめるための最善な方法は、

今回のご相談者のように、身近な存在に問い合せてみることです。

 

 

稼げない現状に悩みを抱える人ほど、

不信感が強くなっているため、

 

「騙されるのではないか?」と思いがちですが、

相談する程度で、騙されるなんてことは、まずあり得ません。

 

 

ごく稀に、そういう方もいるかも知れませんが、

少なくても私の周りには、そのような人は、一人もいません。

 

 

相談でお金がかかることもないですし、

一人の回答で納得がいかない際は、

複数人に相談すれば良いだけのことです。

 

 

そうすることで、

今の自分の状況が見えてくるものです。

 

 

でも、ほとんどの方は、

先入観が邪魔をしているため、相談すらしないように感じています。

 

 

これは非常に勿体ないことだと、私は思っています。

 

 

私自身、過去に苦い経験をしているので、

気持ちは分からなくはないのですが、

分からないことは、分かる人に聞くのが一番です。

 

 

悩みを抱えた状況で、

自分の中で答えを見つけ出そうとしても、

なかなか解決策を見つけ出せるものでもありません。

 

 

そもそも、自分で答えを見つ出せる人なら

こんな状況には、なっていないはずです。

 

 

だったら、素直に悩みを打ち明けて、

答えを見つけ出していく方が良いと思いませんか?

 

 

実際に、私はたくさん相談してきましたし、

そうしてきたからこそ、今があると確信しています。

 

 

今回、ご相談いただい方も、

「もっと早く相談すれば良かった」と、

悩んでいる時間が無駄だったことに、気付いたそうです。

 

 

そして、

情報を見分けることの重要性を、理解されたようでした。

 

 

大げさな話に思うかも知れませんが、

「相談する」という、ほんの少しの行動が、

今後の人生を大きく変えるキッカケになることもあります。

 

 

そして、そのキッカケは、

何もしない人には無縁な話で、

行動を起こす人のところにのみ、現れるものです。

 

 

「悩むことよりも、行動に移すことが大事」ということですね。

 

 

「相談する」たったこれだけの行動で、

気付くこともできれば、悩みの解決策を見つけ出すこともできます。

 

 

あなたも同じ悩みを抱えているのであれば、

ぜひ、ほんの少しの行動を心がけてみてください。

 

 

「行動しても何も変わらない」

なんてことは、あり得ないはずですから。

 

 

 

いかがでしたか?

 

ノウハウコレクターに悩む方を例に、

・情報を確かめる必要性

・情報を見分ける重要性

これらについて、ご紹介させていただきました。

 

 

同じ悩みを抱える方への、

一つのキッカケになれば、うれしい限りです。

 

 

では、今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

 

以上、新井でした^_^

 

 

 

記事のご感想、現状の悩みなど、

どんなに些細なことでも、お問合せください。

 

新井への問合せはこちら

 

 

 

【お知らせ】

たくさんの方々のご意見をもとに、

新井の「メルマガ」が生まれ変わりました。

 

無料特典をプレゼント中ですので、

ぜひ、無料登録してみてください。