心で稼ぐネットビジネス

心で稼ぐネットビジネス

記事一覧

アフィリエイトで稼いでいる人に共通すること

新井です^_^

 

 

今回は、

「アフィリエイトで稼いでいる人に共通すること」

 

これをテーマにお伝えしていきたいと思います。

 

 

先に結論を言えば、

それは、「自分に言い訳をしない」ということです。

 

 

当サイトへご相談いただく方と

何度かやり取りをしていると、

「言い訳」の言葉が出てきます。

 

 

私はご相談に対して

一件一件、真剣にご回答させていただくのですが、

 

最後に返ってくる言葉は、

「でも〇〇だから、できません」

「〇〇がないから、無理なんです」

と言われることが、かなりあります。

 

 

なかでも多いのが、

・お金がない

・時間がない

・才能(自信)がない

という、3つの言い訳です。

 

 

これは自己防衛とも言えますが、

「自分自身に制限をかけて、

自分を不自由にしている状態だ」と言えるでしょう。

 

 

実は、

アフィリエイトで稼いでいる人というのは

共通して、自分に「言い訳」をしていません。

 

 

なぜなら、

自分自身に制限をかけてしまえば、

行動できなくなるばかりではなく、

稼げなくなることを知っているからです。

 

 

なので私は、自分の経験からも

「言い訳は今すぐにやめるべきだ」と思っています。

 

 

そこで今回は、

この3つの言い訳をやめるべき理由について、掘り下げていきたいと思います。

 

 

それでは、最後までお付き合いくださいね。

 

「お金がない」という言い訳は意味がない

 

 

「お金がないから〇〇できない」

 

これは、最もよく聞く言い訳です。

 

 

アフィリエイトに限らず、

サラリーマン時代を思い起こせば、

 

「会社を辞めたいけれど、蓄えがないから辞めれない」

「何かで起業したいけれど、お金がないからできない」

「宝くじが当たったら、好きなことしたい」

 

などなど、

誰もが何かにつけて発している言葉だと感じています。

 

 

そんな私も、サラリーマン時代はよく口にしていた言葉です・・・。

 

 

確かに、お金がなければ始まらないという現実はあるでしょう。

 

 

では、いったいどれだけのお金があれば、

この言い訳をしなくなるのでしょうか。

 

 

私の場合、幼い頃から

「何かをするためには、お金を貯めなさい」

と言い聞かされて育った記憶があります。

 

 

貯金することが、

まるで美徳のように、親から教えられたものです。

 

 

これは、裏を返せば、

「お金がない」=「何もできない」

という認識をすり込まれたことになります。

 

 

ですが、このように考えてしまうのは、

お金の本質を理解していないからだと感じています。

 

 

本来、お金というものは、

価値を交換するためのツールに過ぎず、

お金自体に価値があるわけではありません。

 

 

でも、

「1万円札に価値はありますか?」

と聞かれたら、「はい」と答える方も多いことでしょう。

 

 

ではなぜ?1万円札に価値があると思うのでしょうか。

 

 

馬鹿げた話に聞こえるかも知れませんが、

それは、1万円札に「信用」があるからです。

 

 

日本という信用ができる国が発行した紙幣だからこそ、

「1万円札には1万円の価値がある」と誰もが信じることができているわけですね。

 

 

日本中のどこで買い物をしても、

1万円で売られている価値あるものを、

1万円札と交換できるのは、こういうことです。

 

 

では仮に、紙幣そのものに信用がないとしたらどうでしょう。

 

 

価値あるものが欲しくても、

当然、お金では交換することができません。

 

 

そうなれば、

必然的に物々交換で取引を行うことになるのではないでしょうか?

 

 

この場合、

・相手が持っている物と交換する価値はあるのか?

・自分が欲しい物を持っている相手は信用できるのか?

ということを確かめる必要があります。

 

 

そのためにも、

コミュニケーションを交わしながら、

信用に足りる人間かを確かめた上で、

取引することになるはずです。

 

 

このように見ていくと、

取引されている価値というのは、

「信用」で成り立っていることが分かります。

 

 

つまり、お金というものは、

「価値を数値化した便利なツール」であって、

「お金自体に価値があるわけではない」ということに気付いたのでないでしょうか?

 

 

また同時に、大事なのはお金ではなく、

「信用」であることが分かったはずです。

 

 

これまで約束を果たしてきたか?

どれだけ誠実な振る舞いをしてきたか?

 

このような積み重ねが「信用」を作ります。

 

 

そして、信用のある人ほど、

大きな取引ができるようになるわけです。

 

 

このことをきちんと理解してくると、

「お金がないから」ということが、

「〇〇できない」理由にはならないことが分かってきます。

 

 

お金は価値を交換するための便利なツールですが、

仮になかったとしても、いくらでも打てる手はあります。

 

 

なぜなら、今の日本という国は、

お金の面を見ても世界的に恵まれているからです。

 

 

学生なのに正社員並みの労働を強要する

「ブラックバイト」が話題になっていますが、

 

安い時給で過酷な労働を押し付ける「ブラック企業」は、

時給を上げたり、待遇を良くしないとバイトを集めることができなくなってきています。

 

 

飲食店やコンビニが、

高い時給でアルバイトを募集しているのは、

このような背景があるからです。

 

 

今の時代、1日だけの日雇いバイトで

2万円以上稼ぐことだって可能です。

 

 

あれこれ難しいことを考えずに働けば、

お金を稼ぐ手段はいくらでもあるということですね。

 

 

例えば、

「パソコンがないからアフィリエイトができない」

のであれば、日雇いバイトを2日やるだけで

ノートパソコンを買うことができます。

 

 

手元にお金がなくても、

目的を果たすための「やる気」さえあれば、

何でもできるわけです。

 

 

でも、

「お金がない」ことを言い訳に、

「〇〇できない」という人は、

どれだけのお金があれば、自分のやりたいことができるのでしょう。

 

 

結局は、お金が問題ではないように感じています。

 

 

 

「時間がない」という言い訳は現状維持を選んでいるだけ

 

 

 

「時間がないからできない」

 

これも、よく聞く言い訳です。

 

 

「時間」は、1日24時間

みんなに平等に与えられているものです。

 

 

稼いでいる人にはたくさんの時間があって、

稼げていない人には時間がない、なんてことはありません。

 

 

「時間がない」という人は、

「何かを始めると今やっている何かをやめなければならない」

ということを理由に「それができない」と言っているのではないでしょうか?

 

 

「二兎を追うものは一兎も得ず」という、

西洋のことわざは、誰もが知っていると思います。

 

 

同時に二つのことを上手くやろうとすると、

結局はどちらも失敗することになる。

 

 

経済学で言うなら、

「トレードオフ」になるわけですが、

一方を追求すれば他方を犠牲にせざるを得ないということです。

 

 

つまり、

・時間がないなら、どちらかに決めなければならない

・何かを始めるなら、何かを捨てなければならない

 

ということの意味で、

これは当たり前のことだと知っておくことが大切です。

 

 

中には、サラリーマン当時の私のように

仕事が忙しすぎて「ろくに睡眠時間もとれず、休日も少ない」と嘆いている人も

いるかも知れません。

 

 

ですが、「忙しさ」を突き詰めていくと、

他人に要求されるがままに、

自分の時間を差し出していることが多いことに気付くはずです。

 

 

先程の「ブラックバイト」なんかは、

その典型だと言えるでしょう。

 

 

もし、

残業が嫌なら理由をつけて断ればいいし、

今の状況が嫌ならば、変えればいいのです。

 

 

当時の私が副業の時間を作れたのは、

「他人の時間」ではなく、

「自分の時間」を優先したからであり、

 

自分のやりたいことをするのに、

「他人のために時間を費やしている暇などない」

という意識に変えることができたからです。

 

 

厳しく聞こえるかも知れませんが、

不満があっても現状を維持する人は、

現状維持を選ぶ方が「楽」だから、そうしているのだと思います。

 

 

人は自分が思っている以上に、合理的な行動をとっているものです。

 

 

その証拠に、無意識なトレードオフで、

「楽な現状」を選んでいるわけです。

 

 

また、現状に不満というほどでもなく、

行動を変えるほどの大きな不満がない人の場合、

 

あまり役に立たないことに頭をめぐらせて、

時間を浪費しているようにも感じています。

 

 

例えば、

ネット上に存在する「無料情報」を

集め続けているなんていうのが、それに当たります。

 

 

でも、そこからは何も生まれないことは、

誰もが知っているはずです。

 

 

結局、「時間がない」からではなく、

今の現状を変えるよりも、現状維持の方が「楽なだけ」なのではないでしょうか?

 

 

 

「才能や自信がない」と言った時点で「今のままでいい」を選択している

 

 

「自分には自信がない」

「自分は才能なんてない」

 

と言って、行動できない人が多いのも事実です。

 

 

確かに、才能あるなしが影響する分野もあって、

最近話題の又吉直樹さんなんかは、そうなのかも知れません。

 

 

お笑い芸人でありながらも、

芥川賞を受賞して、作家として先生とまで呼ばれる存在になっていますよね。

 

 

ですが、

どんなに成功を収めた人でも、

才能よりも、むしろ努力によるところが大きいものです。

 

 

現在の私があるのも、

特別な才能が影響したわけではありません。

 

 

パソコンスキル一つとっても、

サラーリマン時代に覚えた、

Word、Excelを使える程度のスキルしか持ち合せておらず、

 

ブログを書いたこともなければ、

動画を編集することすら知らなかったのです。

 

 

ただ、

稼げるようになるまでは、人一倍の努力はしてきました。

 

 

こちらの記事でもご紹介したとおり、

NBAで活躍した「マイケル・ジョーダン」や

メジャーリーグで活躍中のイチローだって

常に自分が最高の状態でいられるための努力をしています。

 

 

多くの人は、現在の結果だけを見て、

「彼は天才だ」とか「あの人は才能がある」と言います。

 

 

ですが、

努力し続けることで、優れた結果を出すことができているわけです。

 

 

結局、「自分には才能がない」と言ってしまった時点で、

「自分は今のままでいい」という選択をし、

「努力はしたくない」と言っているようなものなのです。

 

 

何事もやってみなければ、

自分に才能があるかないかなんて分かりません。

 

 

やる前から、

「自分には才能がない」と思い込み、

諦めてしまうのは、勿体ないことです。

 

 

そして、「自信」というものは、

やっていくなかで、自然と身に付いていくものなのです。

 

 

何もやらなければ、

才能を確かめることもできなければ、

自分に自信を持つこともできないということですね。

 

 

いかがでしたか?

 

 

・お金がない

・時間がない

・才能(自信)がない

 

この3つの言い訳が

自分に制限をかけていることに気付いたのではないでしょうか?

 

 

そして、あまり意味のないものだと

思われた方も多いと思います。

 

 

繰り返しになりますが、

アフィリエイトで稼いでいる人は、

自分に制限をかけることはしませんし、

稼ぎ続けるための努力をしているものです。

 

 

つまり、

「自分に言い訳はしていない」ということです。

 

 

もしあなたが、

言い訳を理由にしているのであえば、

ぜひ、参考にしてみてください。

 

 

今回も最後までお付き合いいただき、

ありがとうございます。

 

 

以上、新井でした^_^

 

 

 

【お知らせ】

たくさんの方々のご意見をもとに、

新井の「メルマガ」が生まれ変わりました。

 

無料特典をプレゼント中ですので、

ぜひ、無料登録してみてください。

 

稼げるブログの書き方講座(実践編Ⅰ)

新井です^_^

 

 

基本編でブログ開設の準備が整ったら、

いよいよブログを開設する実践編に入ります。

 

→ 基本編はこちら

 

 

この実践編Ⅰでは、

ブログサービスを選ぶ基準についてお伝えしていきます。

 

最適なブログサービースの選び方

 

 

ブログには、色々な種類のブログシステムがあります。

 

 

無料で始められる無料ブログもあれば、

WordPressをレンタルサーバーにインストールして

独自ドメインで運用することも可能です。

 

 

特に初心者の方であれば、

「何を選択すれば良いのかが分からない」というのが本音ではないでしょうか?

 

 

「無料ブログでは稼げない」

「WordPressが最適」

 

などのような情報をよく見かけますが、

私の経験上、無料ブログでも十分な効果があります。

 

 

初期段階でアクセスを集めるには、

WordPressよりも、無料ブログの方が断然上です。

 

 

当サイトで、

FC2ブログをメインサイトにしているのも、

初期段階からアクセスを集めることを目的にしているからでもあります。

 

 

また、以前にご紹介した

「実践者の事例」を見ていただければ、

無料ブログの効果が明らかに分かります。

 

→ 下克上実践者の事例紹介

 

 

ブログはそれぞれに特徴があるので、

選択する際は、現在の自分のスキルに合ったものを選ぶようにしましょう。

 

 

日頃、個別サポートさせていただいている方を見ても、

やはり、WordPressの設定でつまづく方が多い事実があります。

 

 

ですから、

ブログの経験がない方であれば、

「無料ブログから始めて、慣れてきたらWordPressを運営する」

 

という基準で選択することをお勧めします。

 

 

そして、無料ブログを選択する場合、

次の3つの条件を満たしているブログサービスを選ぶようにしてください。

 

 

【選択条件】

・独自ドメインで運営できる

・不要な広告を非表示にできる

・有料テンプレートに対応している

 

 

では、なぜ?この条件を満たす必要があるのかをご説明していきましょう。

 

 

 

無料ブログ選択条件:ドメインはあなたの大切な資産

 

 

全て無料で運営できるのが、

無料ブログの特徴でもあるわけですが、

 

私は、無料ブログであっても、

「独自ドメイン」で運営することをお勧めしています。

 

 

なぜなら、

独自ドメインでブログを運営することで、

自分だけの大切な資産に持つことになるからです。

 

 

独自ドメインとは、

世界でたった一つしか存在しない

WEBサイトやブログのURL(アドレス)のことです。

 

 

例えば、

住所とか携帯電話番号のように、

あなただけが所有できるものが「独自ドメイン」になります。

 

 

当サイトだと、

http://araifan.com/

https://infinitearai01.com/

 

これらが私だけが所有できるドメインということです。

 

 

独自ドメインを所有していることで、

ブログサービスやレンタルサーバーを

自由に移行することが可能になります。

 

 

ただし、

検索エンジンからの評価を高めるには、

自分でゼロからドメインを育てていく必要があります。

 

 

一方、独自ドメインではなく、

無料ブログサービスのドメインを利用する場合は、

 

http://abc.blog.fc2.com/(FC2ブロブ)

http://abc.seesaa.net/(seesaaブログ)

 

のように、サブドメイン型のドメインを利用することになります。

 

 

この場合、「abc」の部分だけは、

好きな文字列を指定して利用することができますが、

あくまでもブログサービス側の所有するドメインで運営する形になるわけです。

 

 

イメージとしては、

「独自ドメイン」=「自己所有の一軒家」

「サブドメイン」=「アパートの一室を借りる」

といった状態です。

 

 

だからといって、サブドメイン型が

「検索結果で上位表示されにくい」ということではありません。

 

 

先程の実践者の事例を見れば分かるとおり

アクセスアップにつながる仕組みが用意されているからこそ、

ブログを開設したばかりでも、アクセスを呼び込むことができているのです。

 

 

ただし、自分の所有ではないので、

他のブログサービスやレンタルサーバー移行はできません。

 

 

このように見ていくと、

それぞれにメリットとデメリットがあり、

一概に「これが良い」とは言い切れない部分があります。

 

 

ですが、この講座では、

検索エンジンからの評価を高めて、

アクセス誘導を優先するブログ運営を目的としています。

 

 

その上で重要なのは、

永続的にドメインを育てることです。

 

 

検索上位表示されるブログを運営するということは、

資産となるドメインを育てていくということでもあります。

 

 

私はこのような理由から、

無料ブログであっても「独自ドメイン」で運営することをお勧めしているわけです。

 

 

では次に、

・不要な広告を非表示にできる

について、ご説明していきます。

 

 

無料ブログは、

無料で使える利点がある一方で、

広告が勝手に表示されてしまうという欠点があります。

 

 

特にスマホでアクセスした際に

スクロールするたびに表示される広告。

 

 

誰でも一度は、

こんな広告に嫌気がさした経験があるではないでしょうか。

 

 

PC画面では非表示にできても、

スマホでは表示してしまうブログサービスもあります。

 

 

せっかく訪問してくれた人が、

広告が邪魔なことで去ってしまうのは非常に勿体ないことです。

 

 

ですから、

多少の料金がかかっても、

広告を非表示にできるブログサービスを選ぶようにしましょう。

 

 

無料ブログ選択条件:有料テンプレートを利用する意味

 

 

最後に、

「有料テンプレートに対応しているか」についてご説明します。

 

 

基本編Ⅲでお伝えしたとおり、

専門家としてブランディングし、

競合との差別化を図る意味でもテンプレート選びは重要です。

 

 

WordPressなら、

無料でも専門家らしいテンプレートがたくさん存在しています。

 

 

また、様々なプラグインを導入すれば、

訪問者にとって利便性が高いサイトを簡単に構築することも可能です。

 

 

ですが、無料ブログの場合、

専門家らしい無料テンプレートが存在していません。

 

 

この際に、

ぜひ取り入れていただきたいのが、

無料ブログ対応の有料テンプレートです。

 

→ 新井が推奨するテンプレートはこちら

 

 

有料テンプレートを使うことで、

 

・専門家らしいブログサイトを構築でき、差別化が図れる

・内部SEO対策がされているため検索エンジンからの評価が高くなる

・訪問者にとって利便性が高いサイトになる

 

などのメリットがあります。

 

 

その他にも、

PC・スマホ・タブレットなど、

どのデバイスで閲覧しても、

最適化されたサイト表示ができる

レスポンシブWebデザインにも対応しています。

 

 

今の時代、

レスポンシブWebデザインは必須条件と言っても過言ではありません。

 

 

Googleが順位決定するために評価するサイトを

PC用サイト中心からスマホ用サイト中心に変化させると発表しています。

 

 

これは、インターネット検索する人の多くが、

パソコンからスマホに変わってきている時代背景と言えるでしょう。

 

 

必ずしもレスポンシブWebデザインのサイトが

検索上位表示されるわけではないと予想しています。

 

 

ですが、訪問者の目線で考えた場合、

デバイスごとに最適な表示がされる方が利便性は高くなります。

 

 

このような理由から、

有料テンプレート対応を選択条件にしているわけです。

 

 

無料ブログで運営する場合、

これらの選択条件をすべて満たしているのが、「FC2ブログ」です。

 

 

選択に迷った方は、

迷わずFC2ブログで運営してみてくださいね。

 

 

スキルを磨くならWordPress

 

ここまでは、

無料ブログを中心にご紹介してきました。

 

 

スキルを磨く意味でも、

ぜひチャレンジしていただきたいのがWordPressでの運営です。

 

 

・独自ドメインの取得

・レンタルサーバーの契約

 

この2つが必須で費用もかかりますが

WordPressを利用する費用はかかりません。

 

 

無料ブログのように、

勝手に広告が表示されることもないですし、

アダルトサイトでなければ、規約に縛られることもありません。

 

 

また、

・サイトに合ったデザインの無料テンプレートも多い

・プラグインが豊富

ですので、専門家として差別化するには最適です。

 

 

ただし、

ある程度のパソコンスキルが求められます。

 

 

でもご安心ください。

 

 

当メルマガに無料登録していただければ、

お得に契約する方法や設定方法などをまとめたPDFをプレゼントしています。

 

 

自信がない方には、

無料メールサポートもさせていただいています。

 

 

チャレンジしてみたいという方は、

ページ下のメルマガ登録から無料特典を受け取ってから始めてみてくださいね。

 

 

それでは、

実践編Ⅱの投稿まで今しばらくお待ちください。

 

 

今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

 

 

以上、新井でした^_^

 

 

【お知らせ】

たくさんの方々のご意見をもとに、

新井の「メルマガ」が生まれ変わりました。

 

無料特典をプレゼント中ですので、

ぜひ、無料登録してみてください。

 

稼げるブログの書き方講座(基本編Ⅲ)

新井です^_^

 

 

この基本編Ⅲでは、

・ブログで重要な「記事力」

・運営者としてのブランディング

についてお伝えしていきます。

 

 

これまでの記事も合わせてご覧ください。

 

基本編Ⅰはこちら

基本編Ⅱはこちら

 

 

ブログで重要な記事力とは

 

 

基本編Ⅱのところで、

 

「良い記事が書ける文章力が備われば、

検索エンジンからの評価も高くなる」

 

ということをご説明しました。

 

 

日本では2015年頃から流行りだした、

「コンテンツマーケティング」という、

 

価値あるコンテンツを提供し続けることで、

購買行動を起こさせるための文章力が問われる時代になってきています。

 

 

ですから、

まずは、購買行動を起こさせる文章を書くように意識してみましょう。

 

 

しかし、文章力が問われると言っても、

アフィリエイトを目的に文章を書く場合、

重要なのは文章力ではなく、「記事力」です。

 

 

正しい日本語で文章構成を考えるより、

 

・読者に何を伝えたいのか?

・読者にどう感じてほしいのか?

・そしてどんな行動をしてほしいのか?

 

これらが、より重要になります。

 

 

そのためには、

・「誰に」

・「何を」

・「どういう順序で」

伝えれば理解されて、

行動を起こしてくれるのかを考えるようにしてください。

 

 

例えば、友達に何かを勧める場合、

「これ買ってよ」と、いきなり勧めたりはしませんよね?

 

 

何をどういう順序で伝えれば理解してくれて、

購入という行動を起こしてくれるのかを考えるはずです。

 

 

このようなことをイメージして、

誰に、何を、どういう順序で伝えるのかを考える癖を身に付けましょう。

 

 

ブログは論文ではありませんし、

記事を文章で埋め尽くすことが目的ではないのです。

 

 

また、自分の意見ばかりを書いた記事は、まず読まれません。

 

 

画面の向こう側には、読者がいます。

 

 

その読者に向けて、

あなたが望む方向へ導く文章にする必要があるのです。

 

 

つまり、

「誰に、何を、どういう順序で」伝え、

「どこへ導くのか」を意識して書く必要があるということです。

 

 

そうすることで、飛躍的に記事力が身に付いてきます。

 

 

文章力は、

記事力があってはじめて効果が出るものだと覚えておいてくださいね。

 

 

 

運営者としてのブランディングを明確にする

 

 

基本編Ⅱで少しふれたとおり、

ブログ運営は、ブランディング次第ということをご説明しました。

 

 

ブログを使ってビジネスを展開するなら、

お客様となるユーザーを集めなければなりません。

 

 

しかし、ただ集客したところで、

売り込みばかりの記事では、

当然、ユーザーはお客様にはなってくれません。

 

 

お客様になってもらうためには、

信頼を得た上で「この人にお願いしたい」と思われる必要があります。

 

 

そのためには、自分が選んだジャンルで

専門家としてブランディングする必要があるのです。

 

 

専門家として情報を発信することで、

その記事を読んだユーザーが、

納得してはじめて信頼が生まれます。

 

 

そして、お客様になっていくのです。

 

 

お客様になってもらうためにも、

ブログは集客ツールとは考えず、

「自分の情報を発信するメディア」と考えるようにしてください。

 

 

では、何の専門家としてブランディングすれば良いのでしょうか?

 

 

ブログ運営での失敗例としては、

抽象的なジャンルでブランディングしている場合が多いです。

 

 

日頃、ブログ添削していても、

抽象的なブランディングをしている方が多い実態があります。

 

 

ユーザーから信頼を得ようとしても、

専門家としてのブランディングが明確でないために、起きている問題だと感じています。

 

 

ですから、

もう少し具体的に考える必要があるのです。

 

 

ここで、参考にしていただきたいのが、

こちらの記事でご説明した、ブログの到達点です。

 

→ ブログを読んだ人の「到達点」を決める

 

 

「このブログを読めば、こうなれる」

とイメージできる到達点を決めることについてご説明しています。

 

 

この「こうなれる」という部分での

専門家としてブランディングすれば良いのです。

 

 

何かのジャンルの専門家ではなく、

そのジャンルで

「こうなれるための専門家」になれれば、

ユーザーの求心力が高まります。

 

 

そして、

専門家としての肩書きを考えた上で

プロフィールを作成し、

専門家として記事を投稿していくことで、

運営者としてのブランディングが明確になるのです。

 

 

競合との差別化から自分の強みを見つけ出す

 

 

専門家としてのブランディングが明確になったら、

同じ専門家として活動している人の中から、

選ばれる存在にならなくてはなりません。

 

 

ここで大事なのは、

競合する相手と比べて、何が違うのかを明確にし、

自分の優位性をしっかりとアピールすることです。

 

 

自分の優位性を確かめる場合、

まずは競合を調べることからはじめてください。

 

 

・どんな肩書き(プロフィール)なのか?

・どんな情報を発信しているのか?

 

この点に目を通すようにしてみましょう。

 

 

この際、

イラッとする、ムカつく部分というのは、

あなたが相手より勝っている部分です。

 

 

逆に、

「なるほど」と関心してしまう部分は、

負けている部分であることが多いはずです。

 

 

このようにして比較することで、

競合との違いを明確にすることができます。

 

 

この際の注意点は、

負けている部分を補おうとするのではなく、

自分の優位性を見つけ出すことです。

 

 

「とても勝ち目がない・・・」と、

すぐに諦めてしまう方も多いのですが、

それは、補おうとするから

余計に感じてしまうだけのことだと認識してください。

 

 

そうではなく、

勝っている部分はあるはずですから、

それを強みとして打ち出して、差別化すれば良いのです。

 

 

そして、その部分に共感できるお客様を集めていくようにしましょう。

 

 

これらができて、

やっと何の専門家として、情報を発信していくのかを決めることができます。

 

 

では次に、運営者としての軸を決めていきましょう。

 

 

運営者としての軸を決める

 

運営者としての軸を決めるとは?

 

専門家としての、

・スタンス

・ポリシー

・キャラクター

を決めるということです。

 

 

スタンスは、「専門家としての立ち位置」

つまり、あなたの価値観を意味します。

 

 

なぜ、スタンスを決める必要があるのか?

 

 

それは、

あなたの価値観に共感していない人を集客すると、

後から思わぬトラブルになることが多いからです。

 

 

どんなにスタンスを決めても、

好ましくない人は一定数、集まってしまうものです。

 

 

ですが、トラブルを回避する意味でも、

最初にスタンスは決めて置くようにしてください。

 

 

次にポリシーを決めましょう。

 

 

ポリシーとは、「信念」のことで、

自分がどんな思いで取り組んでいるのかを意味します。

 

 

お客様のニーズは、

効果とプロセスで構成されています。

 

 

効果が魅力的であっても、

プロセスである取り組みに納得してもらえないこともあります。

 

 

ですから、

先に自分のポリシーを決めておく必要があるのです。

 

 

最後にキャラクターを決めます。

 

 

キャラクターは、「接客のスタイル」で、

記事を書く際に話す口調など、

お客様との接点の見せ方を意味します。

 

 

親切で丁寧なキャラなのか?

もしくは、フレンドリーなキャラなのか?など、

 

お客様にとって、

信頼を寄せるキャラクターとは?

説得力が増すキャラクターとは?

 

というような観点で考えながら決めるようにしてみてください。

 

 

この際の注意点としては、

ありのままの自分と、

余りにもかけ離れたキャラクターにはしないことです。

 

 

なぜなら、

そのキャラクターを演じること自体に無理が生じると、長続きはしないからです。

 

 

本当の自分プラスαくらいで設定することをお勧めします。

 

 

ただ実際には、

顔出しする必要もないのが、ブログの特徴でもあります。

 

 

演じることに苦痛を感じない方は、

演じ切ると決めて、設定するのも良いでしょう。

 

 

このように、

スタンス、ポリシー、キャラクターを決めたら、

これらがブログを運営する上での軸となります。

 

 

一度決めた軸は、途中で変えたりしてはいけません。

 

 

一貫性を保ち、継続することが大事です。

 

 

そうすることで、

お客様からの求心力が、さらに高まります。

 

 

そして、この軸に共感した

自分が望むお客様だけを集客することが可能になります。

 

 

運営者としての軸を決めるということは、

お客様に選ばれるためだけのものではなく、

お客様をふるいにかける役割もしてくれるということです。

 

 

もし、継続する自信がない場合は、

無理してまで演じるべきではありません。

 

 

無理して続けるよりも、

途中で挫折するリスクを考えるようにしてください。

 

 

一度設定した軸がぶれるということは、

信頼してくれたお客様を裏切ることになります。

 

 

裏切ったときの反動は大きいですし、

これまでの努力を無駄にすることにもなります。

 

 

ブログは、

たとえ顔が見えなくても、

文章を通じて「人となり」が見えてくるものです。

 

 

しっかりとした軸を決めたら、

決してぶれないように一貫性を保つようにしましょう。

 

 

ここまでが、基本編になります。

 

 

これから実践編に移りますが、

ブログを運営する上での基本や、

大事な部分を中心にお伝えしてきました。

 

 

これからブログを始める方にとっては、

理解に苦しむことも、あったかと思われます。

 

 

もし、この基本編が理解できない際は、

お気軽にお問合せフォームからご連絡くださいね。

 

新井への問合せはこちら

 

 

それでは、

実践編の投稿まで、今しばらくお待ちください。

 

 

今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

 

 

以上、新井でした^_^

 

 

 

【お知らせ】

たくさんの方々のご意見をもとに、

新井の「メルマガ」が生まれ変わりました。

 

無料特典をプレゼント中ですので、

ぜひ、無料登録してみてください。

 

稼げるブログの書き方講座(基本編Ⅱ)

新井です^_^

 

 

この基本編Ⅱでは、
何をするためのブログなのかを明確にするために、

 

「ブログを運営するべき理由」について、お伝えしていきます。

 

 

・ブログを運営すれば稼げる

・毎日、記事を書いていれば大丈夫

・アクセスがあるから安心

 

などのような、思い込みをしていたり、

ネット上の情報を信じていませんか?

 

 

ブログは、「何のためのブログなのか?」
ということを、しっかりと意識するところから始めなければ意味を成しません。

 

 

こちらの記事でもお伝えしたとおり、
ただ闇雲に記事を書いても、

無駄な努力になってしまうということですね。

 

→ 意外と知らないブログで集客できない本当の原因

 

 

こうならないためにも、

ブログを運営する意味と運営するべき理由を

明確にすることが大事になります。

 

入口は検索エンジンから

 

 

この講座での集客方法は、

検索エンジンからのアクセスを基本に考えていきます。

 

 

基本編Ⅰでお伝えしたように、

ブログは検索エンジンとの相性がいいことを

ご理解いただけたかと思います。

 

 

そして、記事ページが簡単に作れ、

内部リンクを増やすことで

検索順位が上がりやすくなることをご説明しました。

 

 

記事を書くことで、

その書いた記事には、1記事1記事にURLがつき、

 

URLが増えれば検索者に対して、

多くの入り口を作ることができます。

 

 

検索エンジンは、インターネット上にある

すべてのページを登録しているわけですが、

リンクを辿ってあなたのブログを登録しています。

 

 

当然、どのブログサイトにも

リンクされていなければ、

検索エンジンに発見してもらえないわけです。

 

 

ですから、

検索エンジンにとって、とても大切なのがリンクであり、

 

インターネット上では、

このリンクという仕組みは切っても切り離せないのです。

 

 

記事(URL)は、増えれば増えるほど、

検索エンジンに登録される数も増えていきます。

 

 

そして検索エンジンは、

「ページが多いサイト」=「情報量が多い」という判断をします。

 

 

その結果、

訪問者の入口が増えるばかりではなく、

探される確率が上がるわけです。

 

 

この際、探されるポイントのひとつが、「キーワード」です。

 

 

この記事を例にすれば、

検索者が入力するであろう言葉は、

「稼ぐ , ブログ , 書き方」になります。

 

 

つまり、これらがキーワードになり、

 

記事タイルや記事本文、タグに

キーワードが入っていることで、

検索されるようになるということですね。

 

 

検索窓に入力するであろうキーワードは、

主に、問題や悩みの解決方法です。

 

 

検索者が、

・どんなことで困っているのか?

・何について悩んでいるのか?

 

これらについての解決方法を

記事タイトルや記事本文に入れるようにしてみてください。

 

 

しかし、

当然、ライバルも同じキーワードで集客を狙っています。

 

 

最近の検索エンジン対策は、

「コンテンツSEO」と言われ、

 

文章の質が良くてボリュームがある方が、

上位表示される傾向になってきました。

 

 

この傾向は、今後ますます強くなってきます。

 

 

良い記事が書ける文章力と、

ボリュームのある記事が書けるようになれば、

 

検索エンジンからの評価も高くなり、

狙ったキーワードで上位表示されて、集客できるようになります。

 

 

これが、検索エンジンから集客する良い点のひとつです。

 

 

そして、

訪問者のニーズを探るポイントとして、「アクセス数」があります。

 

 

アクセス数は、本当に正直ですので嘘をつきません。

 

 

ここで注目していただきたいのは、

全体のアクセス数よりも、1記事へのアクセス数です。

 

 

どんなに良い記事を投稿しても、

「まったくアクセスが集まらない」なんてことは普通にあります。

 

 

逆に、

「なぜ、この記事にアクセスが集まるんだろう?」

と、不思議に思うこともあります。

 

 

これは、

訪問者の生の声としての反応が、

数字になっていることを意味しています。

 

 

当ブログの「人気の記事」を見ても、

記事へのアクセス数に差があるのは、

生の声が数字として表れている証拠です。

 

 

アクセスが多い記事と少ない記事を比べて、

どんな原因があるのかを探る癖をつけましょう。

 

 

アクセスが少ない記事は、

必ず何かしらの原因があるものです。

 

 

原因が分かれば、

記事の修正や追記などをして、

記事のボリュームを上げてみます。

 

 

記事は、一度書いたら終わりではありません。

 

 

いくらでも修正や追記できるのが、

ブログの良いところでもあります。

 

 

こういったことを繰り返すことが、

結果的に多くのアクセスを集めるポイントになります。

 

 

ここはとても大事なポイントですので、

忘れずに覚えておいてくださいね。

 

 

 

読者を一見客からファンにしていく

 

 

検索エンジンからやってくるお客様は、

今まであなたのことをまったく知らなかった一見客です。

 

 

どんなに「信用して」と訴えかけても、

偶然、あなたのブログに訪問しただけですので、信用されるはずがありません。

 

 

では、どうすれば良いのかというと、

 

・一見客から見込み客へ

・見込み客から一般客へ

・一般客からファンへ

 

といった流れで、

お客様を育てながら、導いていかなければなりません。

 

 

つまり、

お客様を目的の場所まで

アテンドしていくことが、必要になるということです。

 

※アテンドとは、付き添って世話をすること。

 

 

ファンを多く抱える人は、

このアテンドがとても上手です。

 

 

例えば、

Googleアドセンスの取得方法が分からない人がいたとしましょう。

 

 

この際、この人は、

検索エンジンで解決方法を探すはずです。

 

 

アテンドが上手な人が書いた記事は、

誰が読んでも、とても親切・丁寧で

分かりやすい説明をしている場合が多いです。

 

 

その記事を読んだ訪問者は、

取得方法を理解して、実際にやってみて上手くいったときは感動します。

 

 

私自身、今までこういった経験を

たくさんしてきましたし、

今でも分からないことは、

検索エンジンを使って解決方法を探しています。

 

 

方法が分かっている人からすれば、

それほど価値があるようには思えないかも知れません。

 

 

ですが、分からない人からすると、

とてもスゴイことを教えてくれたと思うものです。

 

 

「無料で情報提供するのは勿体ない」

と思うこともあるかも知れませんが、

検索すれば分かるとおり、たくさんの情報が無料で配布されています。

 

 

ですから、

読者が読んで分かりにくい記事は、

「自己満足にしかならない」ということですね。

 

 

記事を書く際は、

アテンドを上手に使うことを意識してみてください。

 

 

アテンドできた記事が書ければ、

少なからず「信用」してもらえるようになります。

 

 

「信用」は、

これから「読者との関係性」を育てる上で、

とても大切な要素になります。

 

 

ひとつの記事で信用されたなら、

一見客から見込み客に変わろうとしている瞬間です。

 

 

これを一つ一つ積み重ねていくことで、

見込み客を一般客へ、一般客をファンへと導いていけるようになります。

 

 

 

専門家として選ばれるブランディングとは

 

「あなたのブログは、どんな悩みを解決するのですか?」

 

「あなたは、何の専門家ですか?」

 

この言葉をキーワードとして、

ブログに織り込むことで「ブランディング」ができあがります。

 

 

ブランディングとは、

 

顧客の視点から発想し、

ブランドに対する共感や信頼など、

顧客にとっての価値を高めていくための

マーケティング戦略の一つです。

 

 

訪問者に対して、

プロフィールやブログタイトルだけでも

ブランディングができてしまいます。

 

 

つまり、

ブログを開設している人であれば、

すでにブランディングが行われていて、

ブランドが立っていることになるわけです。

 

 

そして、

ブランディングが間違った方向にいけば、

当然、あなたが望むお客様は集まりません。

 

 

すべてはブランディングにかかっている

といっても、過言ではないのです。

 

 

顧客の視点から発想することが、

最も大切なポイントであり、

周りからどのように見えているのかがブランディングです。

 

 

そして目的としては、

共感や信頼を高めていくことです。

 

 

「あなたのブログは誰の役に立ちますか?」

「あなたのブログに訪問すると、どんなメリットがありますか?」

 

 

このように、

あなたがどう見せるかではなく、

どう見られるのかが、最も大切だということです。

 

 

ブランディングすることで、

選ばれる存在になることができますが、

 

逆にブランディングしないと、

埋もれてしまう結果になります。

 

 

あなたが望むお客様を集めるためにも、

専門家としてのブランドを立てることを意識してみてください。

 

 

 

いかがでしたか?

 

ブログを運営するべき理由が

少しでも分かったのではないでしょうか。

 

 

大切な部分ですので、しっかりと認識してみてくださいね。

 

 

それでは、基本編Ⅲへお進みください。

 

 

今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

 

 

以上、新井でした^_^

 

 

記事のご感想、現状の悩みなど、

どんなに些細なことでも、お問合せください。

 

新井への問合せはこちら

 

 

【お知らせ】

たくさんの方々のご意見をもとに、

新井の「メルマガ」が生まれ変わりました。

 

無料特典をプレゼント中ですので、

ぜひ、無料登録してみてください。